新品のロレックスのGMTマスターのお手入れ

新品のロレックスGMTマスターを購入したら、できるだけ新品の輝きを保ちたいはずです。新品と同じ状態を保つには日頃の手入れが重要になってきます。汗や脂が付着したままにしておくと汚れになり、いくら素材がステンレスやゴールドだったとしてもいずれは腐食してしまいます。汗をかきやすい夏場などは汚れが溜まりやすいので、1日に何度も拭く必要があります。問題は見栄えだけではありません。リューズや回転ベゼルは清掃を怠ると、汚れが溜まり故障の原因になることもあります。手入れが重要なことはわかっても、何を使えば良いのか、どのようにして手入れをすれば良いのかわからないという人もいるかもしれません。そのためここで、手入れに必要な道具と清掃の仕方を簡単に説明しておきたいと思います。

手入れをするのに必要な道具を紹介

ロレックスのGMTマスターの手入れをするには道具が必要です。まずは拭き取り用のクロスです。拭き取りはタオル等の普通の布を使うと、繊維がリューズやボタンなどの突起部に引っかかり、そのまま力を加えると部品が曲がったりかけたりしてしまいます。そのため、セーム皮を使うか、マイクロファイバークロスや時計メンテナンス用のクロスなどを使ったほうが良いです。それから拭き掃除では届かないところを掃除するためのブラシや爪楊枝です。ブラシは専用のブラシのほうが汚れは落ちやすいですが、使い古した歯ブラシでも構いません。ただブラシの硬さは柔らかいものを使ってください。爪楊枝はブラシでも届かないところを掃除するのに便利です。爪楊枝の先をカッターなどで細くしておくと、更に置くまで清掃することができます。

ロレックスGMTマスターの清掃の仕方

実際の清掃の仕方は、風防はクロスで軽く拭き、仕上げに円を描くように拭くと拭き跡が残りません。風貌は表面がコーティングされているので軽く拭くだけで汚れが落ちますが、その時クロスにホコリや汚れなどがついていると傷を付けてしまうので、それらがついていないか確認してから拭いてください。それから、拭くときは内部に水気が侵入しないように必ず乾拭きで行ってください。エンドピースやブレスレットは汚れがたまりやすいので、根気よく丁寧にクロスで拭いてください。あと裏蓋やラグの裏は常に肌と接しているところなので、汗や脂などで汚れやすいので丁寧に拭いてください。リューズや回転ベゼルは清掃不足によって故障が起きやすいところです。ケースとの隙間に溜まった砂やホコリは、定期的にブラシか爪楊枝で取り除いてください。回転ベゼルは、ケースとの間にブラシの毛先を入れブラッシングをし、しつこい汚れは爪楊枝で書き出してください。リューズは溝の部分を意識して清掃し、ケースとの間にも汚れが溜まるのでそこもキレイにしてください。