新品のロレックスのGMTマスターはこんな人にお勧め

高級腕時計の代名詞とも言える存在を放つのが「ロレックス(ROLEX)」です。世界でも人気のある腕時計ブランドですが、日本でも高い人気を誇っています。特に男性に人気が高く、ロレックスの人気モデルを新品で購入するのは多くの男性の憧れでもあります。そんなロレックスには数々の人気モデルが存在します。「エクスプローラーⅠ」「エクスプローラーⅡ」「サブマリーナ」「デイトジャスト」「デイトナ」などが挙げられます。そしてもう1つ「GMTマスター」です。「GMTマスター」にはⅠとⅡのモデルがあり(現行モデルではⅡに統一)、Ⅰは2か国の時刻を把握することができ、Ⅱは3か国という違いがあります。人気モデルには違いありませんが、最上位の人気モデルというわけではありません。他の人とあまり被りたくないというような方にはお勧めですし、海外旅行が多い人には便利なモデルだと言えるでしょう。ただ、ロレックスは新品でも中古でも非常に高額の取り引きがなされる時計なので、GMTマスターを手に入れるのは容易ではありません。

現行モデルは黒一色のデザインに一新

GMTマスターと言えば、青赤と黒赤ベゼルといったカラーでもお馴染みでしたが、2トーンベゼルは姿を消して、黒を基調としたデザインに一新されます(ただし廃盤モデルも希少価値が上がり、人気が上向いています)。たんにカラーが変わっただけでなく、細かな部分もブラッシュアップされたモデルチェンジであったため、使用者に与える印象は大きく変わりました。もちろんGMTマスターが1つのモデルに集約されたというわけではありませんので、GMTマスターの中でも数種類のモデルが楽しめます。現在のGMTマスターシリーズの大きなベース的役割を果たしているのが、「GMTマスターⅡRef.116710LN」でしょう。2016年11月現在だと、新品価格で90万円前後といった感じです。

数か国の時刻把握は現代でも便利な機能

GMTマスターが初登場した時は、その2か国の時間把握というのは非常に画期的なものでした。回転ベゼルをクルッと回せば、一瞬で2か国の時刻を同時に把握することができます。今では多くのブランド・メーカーが同じ機能を持つ商品を出しているため珍しいものではありませんが、発売された1950年代は斬新であり、世界を飛び回るパイロットに非常に人気があったと言われています。それから国際化社会の波が押し寄せているタイミングということもあって、パイロットのみならず国際派ビジネスマンたちが挙って憧れる時計でもありました。この複数国の時間を把握するという機能は今でも非常に便利なものです。特にロレックス愛用者にとっては1番時刻把握がし易いモデルです。海外への出張などが多いビジネスマンには打ってつけのモデルと言えるのではないでしょうか。